GOVERNANCE ガバナンス

マネジメントアプローチ

主要なサステナビリティ課題

  • ガバナンスの強化
  • リスクマネジメントの強化
  • 品質の向上と新価値の創造

NXグループのアプローチ

  • 取締役会、監査役会およびコンプライアンス委員会による監督機能の強化と実効性ある運営の実現
  • 反競争的行為、贈収賄等の防止に向けたコンプライアンス教育の継続実施
  • 内部通報制度「NXスピークアップ」の従業員への浸透・活用促進
  • 日通安全衛生マネジメントシステム(NSM)を通じた従業員への安全衛生の周知・徹底
  • 関係会社・協力会社への安全に関する指導・教育の推進

管理指標

目標:コンプライアンス教育受講率 100%
実績:2021年度実績 98.5%

目標:NX国内グループ全地域におけるコンプライアンス推進者会議の実施
実績:2021年度実績 日本国内全地域で実施(174名参加)

目標:各年度安全衛生管理方針・定量目標の達成

主な取り組み

  • 公正な事業慣行の推進
  • 腐敗防止の徹底
  • 労働安全・社会安全の徹底
  • 物流に係る社会安全の実現
  • お客様や社会からの期待に応えるグローバル品質の推進
  • コーポレート・ガバナンスの強化
  • 個人情報の保護
  • リスクマネジメント