ニュースリリース

日本通運、パソナ、サークレイスが戦略的提携 『海外駐在員管理支援サービス』 9月20日提供開始

 日本通運株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長齋藤 充、以下「日本通運」)、株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 中尾 慎太郎、以下「パソナ」)及びサークレイス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 佐藤 潤、以下「サークレイス」)の3社は業務提携に関する基本合意書を締結し、『海外駐在員管理支援サービス』の提供を9月20日より開始いたします。

20220912-2-1.png

※図中記載の「NX海外赴任ワンストップサービス」は、日本通運が提供する海外赴任に関わる業務代行サービスの名称です。

 日本企業のグローバル化が進展する中、コロナ禍のようなパンデミックや先行き不透明な国際情勢、テクノロジーの発展を受けたビジネスプロセスの再構築など、近年、各社の海外事業を取り巻く環境は大きく変化しています。そうした変化への対応に向けて、各社では人材マネジメントや組織の変革が求められる一方、複数部署にまたがり煩雑化する駐在員の赴任・帰任に伴う業務や、属人化・不透明化しがちな海外法人の人事管理業務などが、柔軟な事業展開の妨げとなるケースが多いのが現状です。

 そこでこの度、日本通運とパソナ、サークレイスの3社は業務提携に関する基本合意書を締結し、各社が有する 知見やノウハウ、ネットワークを活用し『海外駐在員管理支援サービス』の提供を開始いたします。

 本サービスでは、赴任時と帰任時の駐在員の転居や生活準備に関わる業務のほか、赴任中の給与計算や労務管理など、海外への赴任から帰任に至るまでの全ての期間で必要なサービスをワンストップで提供。また、サークレイスが開発し、日本通運で導入・活用中の海外人事管理プラットフォーム「AGAVE(アガベ)」を活用して、関連業務の情報を一元管理することで、業務の可視化と効率化を実現します。

 日本通運、パソナ、サークレイスの3社は、本サービスの提供を通して、日本企業の更なるグローバル化と海外事業の成長を支援してまいります。

■日本通運、パソナ、サークレイス 『海外駐在員管理支援サービス』概要

開始 2022年9月20日(火)
対象 海外で事業を展開する日系企業など
内容 駐在員の海外赴任において必要なサービスをワンストップで提供するほか、海外人事管理プラットフォーム
「AGAVE」により駐在員一人ひとりの人事管理情報の一元管理を支援
【主なサービス】
・ビザ取得や健診・予防接種の手配、海外引越等、赴任時・帰任時の転居に伴う業務の代行
・赴任中の給与や手当、納税関連の申請・承認・管理
・海外人事に係るコンサルティング

■会社概要

【日本通運株式会社】

本社 東京都千代田区神田和泉町2
設立 1937年10月1日
資本金 701億7500万円
代表者 代表取締役社長 齋藤 充
事業内容 自動車輸送、鉄道利用輸送、海上輸送、船舶利用輸送、利用航空輸送、倉庫、旅行、
通関、重量品・プラントの輸送・建設、特殊輸送、情報処理・解析などの物流事業全般
および関連事業
URL https://www.nittsu.co.jp/

【株式会社パソナ】

本社 東京都千代田区丸の内1-5-1
設立 1988年4月14日
資本金 1億円
代表者 代表取締役社長 中尾 慎太郎
事業内容 エキスパートサービス(人材派遣)、BPOサービス(委託・請負)、
HRコンサルティング、教育・研修、グローバルソーシング(海外人材サービス)、
キャリアソリューション(人材紹介、キャリア支援)、アウトソーシング、
ライフソリューション、地方創生ソリューション
URL https://www.pasona.co.jp/

【サークレイス株式会社】

本社 東京都中央区京橋1-11-1
設立 2012年11月1日
資本金 3億8566万円
代表者 代表取締役社長 佐藤 潤
事業内容 DX(デジタルトランスフォーメーション)に関するコンサルティング、
ICTを活用した業務改善に関するコンサルティング、
SaaS製品(Circlace®, AGAVE, Prigister One)の開発、販売、
クラウドソリューション(Salesforce, Anaplanなど)の導入における設計から開発、
さらに定着化、保守・運用サポートまでのワンストップサービスの提供
URL https://www.circlace.com/