ESG経営

マテリアリティ評価の再確認

グローバル市場で存在感を持つロジスティクスカンパニーになるという、NXグループの長期ビジョンを達成するために、2021年にマテリアリティ評価を再確認しました。従来発信してきた重要課題の観点と同様の「ステークホルダーへの価値提供」の観点に加え、「ビジネス視点での優先度」の観点の2軸で評価を行うことで、経営計画と整合ある課題としました。

※マテリアリティの特定プロセスについては統合報告書をご参照ください。

主要なESG課題

このCSRデータブックでは、上記のマテリアリティ評価で抽出された主要なESG課題を含め、NXグループの取り組みをESGに分けて 掲載します。

ステークホルダーエンゲージメント

主要なステークホルダーとエンゲージメント方法

NXグループは、幅広いステークホルダーとの双方向のコミュニケーションの下、ステークホルダーの期待や懸念に応えるよう努めていくことが重要であると考えています。